小児歯科

歯科クリニックに通い始めるタイミングは?

乳歯が生え始めたら通院を開始しましょう

乳歯は生後6か月ごろから生え始めますが、乳歯が生えたタイミングで通院を開始されることをおすすめします。実際、当クリニックへは乳歯が生えたばかりの小さなお子様がたくさん通われています。
乳歯は永久歯よりも軟らかく、虫歯菌の酸への耐性も低いため、虫歯になると進行が早いです。「乳歯は生え変わるから大丈夫」ということはなく、乳歯の虫歯は永久歯に様々な悪影響を及ぼします。クリニックで予防処置するだけでなく、ご家庭でのケア方法なども詳しくご説明いたしますので、乳歯が生えたら是非、当クリニックへ連れて来てあげてください。

小さいうちから「歯医者」に慣れさせてあげましょう

小さいうちから歯科クリニックへ連れて来て「歯医者」に慣れさせてあげれば、大きくなってからも怖がらずにきちんと通院できるようになるものです。また、小さいうちからお口の虫歯菌の数を減らしておくことは、将来の虫歯リスクの低減にも繋がります。また、歯並びの問題なども早期に発見できて、適切な治療のタイミングを逃さずに済むようになります。さらに兄弟・姉妹がいる場合には、「お兄ちゃん・お姉ちゃんが通っているから安心」と思って、下の子たちも安心して通えるようになるものです。

お子様に楽しく通ってもらうために

ゆっくり優しく怖がらせずに治療します

お子様を治療する時には、決して無理強いはしません。ゆっくり優しく怖がらせずに治療します。フッ素塗布などの怖くない・痛くない治療から始めて、その子がクリニックの雰囲気に慣れるのを待って少しずつ治療を進めていきます。
最初は怖がったり、泣きじゃくったりしていても、数回通えば徐々に慣れるものです。当クリニックに通われているお子様のほとんどが、しっかりと治療を受けてお口を健康な状態に保っています。

ベビーカーのまま診療室にお入りいただけます

クリニック内はバリアフリーなのでベビーカーのまま診療室にお入りいただけます。また、治療を受ける時にはお母様・お父様に付き添っていただけますのでお子様も安心です。

楽しいキッズスペースをご用意しています

小さなお子様にも楽しんで当クリニックへ通ってもらうために、待合室にはキッズスペースをご用意しています。

お子様の虫歯予防

定期検診

定期的にお口の健康状態をチェックして、虫歯になっていないか確認します。

フッ素塗布

定期的に塗布することで歯を丈夫にして、虫歯になりにくくします。

シーラント

レジン(歯科用プラスチック)で奥歯の溝を塞いで、汚れを溜まりにくくして虫歯を予防します。

歯磨き指導

お子様お一人おひとりのお口の状態に合わせて、正しい歯磨き方法を指導します。お母様・お父様へは仕上げ磨きの方法をアドバイスします。

お子様のお口の健康を守るために大切なことは?

歯並び問題を抱えているお子様が増えています

お母様・お父様のデンタルIQ(歯に対する意識)が高まっていることもあって、昔と比べてお子様の虫歯は減りつつあります。一方、最近は顎が小さなお子様が多く、歯がきれいに並ぶためのスペースが確保できず、歯並びに問題を抱えている子が増えています。
当クリニックではこうした歯並びに問題があるお子様のための矯正治療を行っていて、「プレオルソ(マウスピース型の取り外し可能な矯正装置)」などを使って改善をはかっています。本格的な矯正治療が必要な場合には、適切な専門医をご紹介いたします。

お口まわりの悪い癖のご注意ください

指しゃぶり、爪を噛む、舌を前に突き出す、口呼吸などのお口まわりの悪い癖が原因で歯並びの乱れが生じる場合があります。お子様にこのような癖がみられる場合には、できるだけ止めさせて、一度当クリニックへご相談いただくことをおすすめします。クリニックやご自宅でトレーニングを行ってお口まわりの筋肉を強化して、悪習癖の改善をはかります。

早めの通院・定期的な通院が大切です

小さいうちから歯科クリニックに連れて来て、定期的に通院させてあげることで虫歯や歯並びの乱れなどのお口のトラブルに早期に対応できるようになります。また、歯の生え変わりの時期に「この子の歯並びは大丈夫?」と不安になることもあるかと思いますが、そうした場合でも「成長するにつれて改善されると思いますので、しばらく様子をみましょう」とお伝えでき、お母様・お父様の安心に繋がるものと思います。

ご相談はお気軽にどうぞ

歯科診療の疑問点、不安点
費用の目安など、なんでもご遠慮なく
お問い合わせください。

たかはし歯科クリニック
診療時間
10:00~13:00 / 15:00~20:00 
※土曜日午後は14:00~17:00
休診日
水曜日・日曜日・祝祭日