入れ歯

病気で歯を失ってしまったら?

そのままにせずに当クリニックへご相談ください

虫歯や歯周病などで残念ながら歯を失ってしまった方は、決してそのままにせずに大阪府枚方市のたかはし歯科クリニックへご相談ください。歯を1本でも失い放置していると、噛み合わせが乱れて残存歯に負担がかかり、さらなる歯の欠損を招く恐れがあります。「1本くらいなくても大丈夫だろう」と軽視せずに、当クリニックで適切な治療を受けるようにしてください。

入れ歯を使って失った歯の機能性・審美性を補います

失った歯を補う方法として、最も一般的なのが入れ歯です。入れ歯には保険診療のものと自費診療のものがあり、それぞれにメリット・デメリットがあります。その方のお口の状態や生活スタイルなどに応じて最適と思われるものをご提案いたしますが、どの入れ歯を選ぶかは患者様に決めていただくようにしています。

入れ歯以外にも「ブリッジ」もあります

ブリッジとは、歯の欠損部分の両隣の歯を削って、それを支台にして橋のように人工歯を装着させる方法です。両隣の歯を削る必要がありますが、入れ歯よりも見た目を良くしたり、良好な噛み心地が得られたりする場合があります。入れ歯とブリッジのどちらが良いかは失った歯の本数、歯を失った位置、残存歯の状態などによって異なりますので、患者様と相談しながらより最適な方を選択いたします。

当クリニックの入れ歯治療のこだわり

豊富な経験があります

当クリニックには、これまでに色々な症例で入れ歯をご提供してきた豊富な経験があります。その経験をもとに、その方のお口に最適と思われる入れ歯をご提供させていただきます。

2回の印象で品質を高めます

入れ歯のお悩みで多いのが「噛むと痛む」「きちんと噛めない」「ぐらつく・外れる」などの違和感ですが、これらを抑えてご満足いただける入れ歯を作製するために、当クリニックでは「概形印象」と「精密印象」の2回の印象採得を行って品質を高めるようにしています。印象採得を2回行うことで歯茎とのフィット感や噛み心地が良くなり、よりご満足いただける入れ歯のご提供が可能となります。

審美性の高い入れ歯をご用意しています

「入れ歯の見た目に抵抗がある」という方も多いと思いますが、そうした方にも安心してお使いいただけるように、クラスプ(金属のバネ)がない「ノンクラスプデンチャー」という審美性の高い入れ歯をご用意しています。こちらの入れ歯なら口元の見た目を心配することなく、快適にお使いいただくことができます。

取り使う入れ歯の種類

ノンクラスプデンチャー

クラスプ(金属のバネ)がない審美性の高い入れ歯です。入れ歯の見た目に抵抗がある方でも、安心してお使いいただけます。また柔軟性のある樹脂で作製し、保険診療の入れ歯よりも薄く作ることができるので違和感が抑えられます。

メリット

  • クラスプ(金属のバネ)がないので見た目が良い
  • 保険診療の入れ歯よりも薄く作れて、違和感が抑えられる
  • 歯茎にフィットする

デメリット

  • 噛み合わせによっては作製できない場合がある
  • 経年的に変色する恐れがある
  • 定期的に作り直さなければいけない場合がある
  • 自費診療なので費用がかかる

費用

100,000円~(税別)

金属床入れ歯

入れ歯の床部分に金属を使用したもので、丈夫で薄い入れ歯を作製することができます。保険診療の入れ歯よりも違和感が少なく、お口の中が広く感じられます。また食べ物の熱が伝わりやすいので、食事が美味しく味わえるようになります。

メリット

  • 丈夫で薄い入れ歯を作製することができる
  • 装着時の違和感が抑えられる
  • 熱伝導に優れているので、食べ物の温度差が自然に感じられる

デメリット

  • 使用する金属によっては金属アレルギーの原因となる場合がある
  • 自費診療なので費用がかかる

費用

250,000円~(税別)

ご相談はお気軽にどうぞ

歯科診療の疑問点、不安点
費用の目安など、なんでもご遠慮なく
お問い合わせください。

たかはし歯科クリニック
診療時間
10:00~13:00 / 15:00~20:00 
※土曜日午後は14:00~17:00
休診日
水曜日・日曜日・祝祭日